TOP > 今月の花と桐箱(7月)

今月の花と桐箱

【朝顔 あさがお】花言葉「愛情の絆」「はかない恋」

ヒルガオ科アサガオ属の一年草。
花は7月から8月にかけて咲き、青・青紫・藤・ピンク・赤紫・白・絞りなど様々です。

別名「牽牛花(けんぎゅうか)」とも呼ばれますが、その所以は、古く中国では朝顔の種子が漢方薬として珍重され大変高価なものだったので、贈られた人は“牛を引いてでも御礼をした”からだとか、七夕の頃に咲きはじめる花なので“織姫・彦星(牽牛)伝説”にちなんだとか、江戸時代に鉢植えの朝顔を牛が牽く荷車で売り歩いていたことからなど様々です。
しかし、平安時代以前は「朝顔」とは特定の花を表す名前ではなく“朝に咲く美しい花”を意味しており、ムクゲやキキョウなども「朝顔」と呼ばれていたそうです。
「花歌一首」で紹介しております歌の「朝顔」もキキョウではないかといわれています。

桐箱・花暦

たまご箱 〈7月 朝顔〉

白い木肌をキャンパスに当店専属の日本画絵師がひとつひとつ丁寧に手描きしています。桐の洗練された風合いを生かすために、絵師は絵の具や筆はもちろん、配色や画風など様々な工夫を凝らし、デザイン・配色をします。

今月は夏を代表する花として人気の高い、朝顔。
のびのびと伸びる蔓に赤やピンクの花を桐箱に優しく描きました。